早漏(PE)とは?

早漏症(PE)について

PEはpremature ejaculationの略であり、日本では早漏症と呼ばれています。
PE(早漏症)の診断としては以下の条件が挙げられます。

  • 膣内挿入後、射精までに所要する時間が2分以内。
  • 膣内への挿入前、挿入途中、挿入直後のいずれかの時点で、本人の意思に反して、最小の性的刺激で射精してしまい、これが反復ないし持続する状態。
  • PEの結果、著明な人間関係の問題や精神的苦痛を引き起こしている状態。
  • 射精のコントロールが不能。

従来、PE(早漏症)治療として、カウンセリングや一部の抗うつ薬が流用されたり、陰茎への手術などが行われてきました。しかし、有効性の低さの割には副作用が多いこと、また、手術の負担が大きいなど、欠点が多く決して満足のいく結果が得られていたとは言えませんでした。2009年にジョンソン・エンド・ジョンソン(Johnson & Johnson)の製薬部門であるヤンセン・シラグ社(Janssen-Cilag Pharmaceuticals:本社ベルギー)が内服PE治療薬プリリジー(ダポキセチン)を開発するまでは、世界中でPEに悩む男性に対して有効な手立てがありませんでした。2012年現在も、日本ではプリリジー(ダポキセチン)は処方医薬品としての承認を受けておらず、ヨーロッパをはじめとした諸外国で普通に受けられるPE治療(早漏治療)が受けられない状況にあります。統計上、国内には早漏症に悩む男性が少なくとも500万人程度いると推定されており、このうち大多数の患者はなんの治療も受けられず、一人で悩んでいます。渋谷三丁目クリニックではこれまでも、旧来の薬物治療で多くのPE患者を積極的に治療してきましたが、2012年5月に厚生労働省関東信越厚生局から海外医薬品輸入許可証を得て、新たにプリリジー(ダポキセチン)の処方を国内の医療機関としては初めて開始いたしました。
ED(勃起不全)には高率にPE(早漏症)が合併することが知られています。
ED治療の専門外来をもつ渋谷三丁目クリニックでは豊富なED治療実績に加え、これまで多くのPE(早漏症)患者さまへの薬物治療を行ってきました。旧来の治療薬によるPE治療経験を踏まえ、新薬プリリジー(ダポキセチン)による医学的・科学的根拠に基づく専門的なPE(早漏症)治療を提供するため、ED専門外来に加えてPE(早漏症)外来を開設しております。